twittbotでボット(bot)を作ってtwitterで集客しよう

マーケティング系記事のキャッチ画像

ボット(bot)とは何か?

ボットというものをご存知でしょうか。
ボットとはTwitterの機能を使って作られた、機械による自動発言システムのことです。
特定の時間や一定期間に自動的にツイートのが一般的なボットですが、特定のキーワードに反応するしたり、返信したりと様々なボットが存在します。

参考

参考 Twitter「ボット(bot)とは」とは?ツイッター用語 - ツイナビ

なぜボットが集客に効果的なのか?

上記の通り、ボットは自動的にツイートを表示する機能です。
ではなぜボットが必要なのでしょうか。

例えば一人で会社やお店をしていたり、広報担当がいなかったりすると、ツイートする時間がないということがあります。

そうした時に自動的にツイートを掲載してくれれば、「何このアカウント?何にもつぶやいていない」と思われずに済みます。

また、ツイッターのつぶやきは時間とともに見られなくなってしまうので、定期的に掲載することで、キャンペンの告知などの集客に効果がでます。

twittbotさんを使ってボットを作ろう

どうやってボットを作るの?

ボットの作り方は色々とありますが、今回はtwittbotさんを使ってボットを作ってみましょう。

参考 twittbottwittbot

まずは登録

botの画像1

大きなログインボタンを押して、まずは登録しましょう。

ボットの画像2

迷惑ロボット対策の認証を設定して、さらに進みましょう。

ボットの画像3

再度ログインボタンが表示されるので、もう一度ログインボタンを押します。

ボットの画像4

今度は連携アプリの認証画面がでますので、認証していきましょう。
ただし、情報をtwittbotさんに提供していることを忘れずに、会社やお店として使用する場合は、下記利用規約を確認しておきましょう。

参考 利用規約twittbot

 

つぶやき設定

登録が完了したらつぶやきを設定していきましょう。

今回は「つぶやき」の設定と、「詳細設定」を見ていきましょう。

ボットの画像5

「つぶやき」の設定画面ではツイートを登録します。

より集客効果を得るために、「#(ハッシュタグ)」を使って、同じキーワードでツイートを検索した人に見てもらえるようにするのがコツです。

詳細設定をしよう

ボットの画像6

詳細設定では時間の間隔などを設定することができます。夜間(0~7時)のつぶやきなどは、人によってはいい印象を与えないので切っておいてもよいですが、意外と人がtwitterを見ている時間でもあるので、対象によってはそのままにしておくのも手です。

さいごに

twitterは気軽にフォローしてもらえるSNSですが、一方でそれなりにツイートがないと見向きもされません。
ボットを有効に利用して、twitterから集客していきましょう。