練馬のみなさまへ 協業のお願い!

ゾンビページがあなたのWebサイトの評価を下げている

Webマーケティング系記事のアイキャッチ

SEOに悪いゾンビページの存在

先日YoutubeでSEO系の動画を見ていましたら、面白い動画がありました。
タイトルは”How to Get Higher Google Rankings in 2019 [New Checklist]”ですが、メインのトピックは”ZOMBIE PAGES(ゾンビページ)“に関するものでした。

今後のSEOで役立ちそうだったので、今回はゾンビページについてまとめていきます。

ゾンビページとは何か?

さっそくゾンビページとは何かから入っていきましょう。
ゾンビページとは「あなたのWebサイトに何の価値も提供しないページのこと」です。
価値を提供しないWebページには以下の5つのタイプがあります。

  • 情報が古いブログページやニュース
  • カテゴリーやタグのページ
  • 検索結果ページ
  • 売上0の商品ページ
  • 内容の薄いページ

ゾンビページへの対処法

必要なページを整理する

ではこうしたゾンビページが存在した場合は、どのように対処すればよいでしょうか。
一番シンプルな方法はページの掲載を止めてしまうことです。

noindexを使う

しかし、検索結果ページなどを削除してしまったり、公開を止めてしまったりすることはできません。
そんな時の対処法としては”noindex”の使用が挙げられます。

noindexとは、「このページは検索にヒットさせなくてもよいよ」と検索エンジンに教える設定のことです。
通常はHTMLに記述しますが、Googleサーチコンソールの機能で設定することも可能です。

こうして不要ページを整理して、価値あるページだけを残すことが今後のSEOを考えていくうえで重要になってきます。