練馬のみなさまへ 協業のお願い!

__trashedというURLでWordPressの記事が表示される原因と対処法

Webのことのアイキャッチ画像

ゴミ箱に保存したページが何故か表示される

以前、お客様よりこのような相談・質問を受けたことがあります。

「消したはずのページが何故か表示されており、閲覧できる状態であった」

確認したところ、確かにURLに「__trashed」という文字が付いた状態で表示されていました。

つまり、

http://sample.jp/about

というページであれば、

http://sample.jp/about__trashed

という状態でWebページが表示されていました。

__trashedが表示された原因

調べてみても、__trashedが付く条件は明記されていませんでしたが、傾向として下記のような場合にゴミ箱に保存されたページでも表示されてしまうようです。

__trashedが表示される条件(?)
  1. ページがゴミ箱に入っている(完全に削除はされていない)
  2. メニューや他のページからリンクされているページである
  3. 似ているURLがある

まだWordPressの

 

WordPress.comの質問コーナーでも、あまり論じられていない現象ですが、よく見る現象でもあるようです。

https://wordpress.org/support/topic/wordpress-permalinkslug-changed-page-to-page_trashed/

__trashedが表示された時の対処法

__tashedが表示されるのは「ゴミ箱」にページが入っている時です。そのため、ゴミ箱から「完全に削除」をすることで、完全に表示されないようにすることができます。

ただし、根本的な原因についてはまだまだはっきりとしていないため、引き続き調査していきます。