練馬のみなさまへ 協業のお願い!

リンゲルマン効果を抑止するための5つの対策

チームワークの画像

ビジネスマネージャー検定試験で出題されるリンゲルマン効果

ビジネスマネージャー検定試験では「リンゲルマン効果」というキーワードが問題文中にでてきます。
このリンゲルマン効果というのは、簡単にいうと、「みんながやるから私はそんなにがんばらなくてもいいや」という現象のことです。
ようするにサボりですね。
1人でやるのが大変だからみんなで仕事を分担しようというのに、1人当たりの作業量は低下してしまい、人数が増えるにしたがって作業量は減少していくというのがリンゲルマン効果です。社会的手抜き、フリーライダー、社会的怠惰など類語がたくさんあります。

リンゲルマン効果は農業学校から生まれた

リンゲルマン効果はフランスの農業工学の研究者・マクシミリアン・リンゲルマン(Maximilien Ringelmann)によって、1913年に発表されました。
この研究は1882年から1887年に農業学校で行われたようです。
リンゲルマンはロープを引く際、集団の力の合計が、1人で引っ張るときの力に比べ低いことを発見しました。
例えば、AさんもBさんもCさんもそれぞれは100というひっぱる力をもっていても、3人で引っ張れば合計の300という力ではなく、290とか280、あるいは200という少ない力になってしまっているということです。
つまり、同じくらいの力をもった人がいると、怠けてしまうということですね。

リンゲルマン効果の抑止方法

チームで仕事をする上では、こうしたリンゲルマン効果が生まれないようにしていかなければなりませんね。
ビジネスマネージャー検定試験で出題されるのは、チーム・組織を運営するうえでマネージャーが対策を知っておかなければならないということでしょう。
リンゲルマン効果を抑止するためには、以下5つの方法が効果的とされています。

1.個人の仕事の識別性を高める

集団でロープを引いた際、個人の力が低くなってしまうのは、個人の力が判別しにくくなり、手抜きを誘ってしまうからです。
そのため、リンゲルマン効果を抑止するためにはまず個人の力の識別性を高め、だれがどのくらいの力を出しているのかを明らかにしていかなければなりません。
これが実際の仕事であれば、各スタッフが何をしているのかを明らかにし、チームで共有し、各人がどの程度の仕事をしているのかを明示する必要があるでしょう。

2.役割を意識させる

同じ程度の力を持った人が集まれば、「他の人ができるから自分はやらなくてもいい」という意識を生んでしまいます。
そのため、こうしたリンゲルマン効果を抑止するには、「この仕事はあなたしかできない」「他の代わりはいない」という意識を持たせることが大切です。
過度に「お前がやらないといけない」と圧力をかけるのは考えものですが、手抜きをさせないよう役割を明らかにしていきましょう。

3.目標を設定する

グループの目標を決めると、自分の目標を失ったとしても、周囲のためにやる気を取り戻すことがあります。
また、そのグループの目標の中で、各人がどの程度貢献できたかを明示することで、「自分はこれだけ役に立ったんだ!次もがんばろう!」というモチベーションを与えることができます。

4.組織・チームを最適なサイズにする

リンゲルマン効果は集団の人数が多いと高くなってしまうと言われています。
つまり、人が多いとそれだけサボりやすいということです。
そのため、リンゲルマン効果が発生している組織・チームはできるだけスリム化し、各人が手抜きができないようにするとよいでしょう。

5.仕組み作り

人が手抜きをしないような仕組み作りも大切です。
例えば「この目標まで到達したら報酬がある」「これより成績が下がると罰がある」というような形で、サボりを生まないような仕組み作りも肝要です。
とはいえ、過度に賞罰に頼っていると個人の力を最大限に引き出せません。
こうした賞罰の在り方については、下の記事もご参照ください。
モチベーション記事 報酬・インセンティブ制度のデメリット 報酬は罰則と変わらない

さいごに -透明化が怠惰の最大の抑止力-

今回はビジネスマネージャー検定試験で出題されるリンゲルマン効果についてみてきました。
リンゲルマン効果は人が集まると発生しやすい手抜きを意味していました。
リンゲルマン効果の対策としては①個人の識別性を高める、②役割を意識させる、③目標を設定する、④組織・チームを最適なサイズにする、⑤仕組み作りの5つがありました。
その5つの対策もどれもが、組織の透明化に関わるものです。
誰も自分の役割が明確で、その仕事内容が周りに知られるような状況であれば、手抜きを起こすことはありません。
手抜きが行われているということは、手抜きをしている個人に問題があるだけでなく、組織の在り方にも問題があるといえるでしょう。